イベントレポート

平成会トップ

第1回最先端ケア習得研修会が開催されました

更新日:2017.07.28

日 時:平成29年7月26日(水)13時30分~15時30分

会 場:カノラホール(岡谷市文化会館)大ホール

テーマ:「笑顔で生きる~認知症とともに~」

講 師:おれんじドア実行委員会代表 丹野 智文 氏

 

平成29年度第1回最先端ケア修得研修会は、宮城県仙台市より、「おれんじドア」実行委員会代表であり、「日本認知症ワーキンググループ」のメンバーで認知症当事者として全国で活動されている丹野智文さんをお招きしました。

丹野さんは、今年1月14日に放映されたNHK ETV特集「認知証とともによく生きる旅へ~丹野智文42歳~若年性アルツハイマー病と言われて」にも出演され、大きな反響を呼びました。

今回の研修は市民公開講演とし、地域で福祉に従事する方や福祉を学ぶ学生、一般市民の方々よりたくさんのご来場をいただき、合わせて640名ほどの参加がありました。

講演では、丹野さんご自身の経験や認知症当事者としての現在の取り組みなどを、一緒に活動されているパートナーの井上博文さんを交えてお話いただきました。

まず認知症を他人事ではなく自分の事として捉えて、当事者と一緒に考え、楽しみ、共に生きて欲しいと、笑顔で力強くお話されました。

会場からの様々な質問にも笑顔で一つ一つ丁寧にお答えいただき、丹野さんのお人柄が存分に伝わってきた講演会でした。

私たちも、全ての認知症の方が笑顔で暮らしていける環境、認知症の方に優しい社会を作ってまいりたいと思います。

写真①.JPG 写真②.JPG 写真③.JPG

 

次回の最先端ケア修得研修会は、11月23日(木)に塩尻市の総合文化センターで開催の予定です。NPO法人「口から食べる幸せを守る会」の理事長で、神奈川県厚生連伊勢原共同病院の看護師である小山珠美氏をお招きして、市民公開講演を予定しております。

講演会の詳細は、10月頃ホームページ等にてご案内する予定です。

こちらも大勢の皆様のご参加をお待ちしております。

関連法人

医療法人社団 敬仁会 学校法人 松樹学園 信州介護福祉専門学校 信州リハビリテーション専門学校

PAGE TOP